にしむら整形外科クリニック

お電話でのお問合せ
Tel.03-3200-3232

クリニック名

MENU

PFC-FD治療

Medical

PFC-FD(血小板由来因子濃縮物)治療

★PFC-FD(血小板由来因子濃縮物)治療とは、PRP(多血小板血漿:Platelet Rich Plasma)を活性化と濃縮したものをフリーズドライ化し修復因子のみを使用するものです。
血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。その際に多量の成長因子を放出します。
この血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPFC-FD療法になります。

例えばトカゲのしっぽが切り離されてもまた伸びてくるのは有名ですが、人間にも元々「再生する力」が存在します。
関節の再生医療とは、変形性関節症や外傷で失ってしまった機能を、いわゆる“化合物”である薬物で治療するのではなく、自身の「再生する力」を利用して、修復を目指す医療のことです。
血液等の自分由来の組織を使用するので、拒絶反応や副作用がなく安全性が非常に高い治療です。
関節の変形自体こそ直すことは出来ませんが、手術を行うことなく関節の炎症や関節痛の大幅な軽減が期待できるため、まず試してみたいという方も多くいらっしゃいます。

 

★PFC-FDに含まれる成長因子により下記①~③の作用を発現します。

コラーゲン産生:コラーゲンは骨や血管を作るのに欠かせない成分です。
修復細胞の招集:血小板に含まれる成長因子には、傷の修復に必要な細胞を呼び寄せる性質があります。
修復促進   :細胞分裂を活性化させ、自己修復機能を一時的に高める作用があります。

 

★このような症状の方におすすめです。

○歩き始めに痛みを感じる
○500メートルほど歩くと痛みを感じる
○椅子から立ち上がったときに痛みを感じる
○階段から降りるときに痛みを感じる
○正座をしにくい
○振り向いた瞬間に痛みを感じる
○ひざを床につけると痛みを感じる
○しゃがめない
○ひざをまっすぐ伸ばさないと歩けない
○たくさん歩いた日は夜に痛みを感じる
○グルコサミンやコンドロイチンを毎日飲んでいる
○ヒアルロン酸注射を何度も打っている

 

適応疾患:変形性関節症などの関節疾患、靭帯・腱付着部炎

料金   ¥120,000- / 2アンプル(税込、問診・注射手技など全て込み) 自費診療のみ

片膝(2アンプル)50cc、両膝(4アンプル)90ccの採血を行い、感染症のチェックと加工に3週間の時間を頂きます。

 

★よくあるご質問

Q:効果はどのくらい持ちますか?
A:PFC-FDが活発に作用するのは約1ヶ月、修復した組織(軟骨など)がなくなることはないので、その間に完全に修復されれば完治、つまり持続的効果が見込まれると言えます。

Q:貧血でも治療できますか?
A:PFC-FD生成のために約50ccの採血を行いますが、貧血が進行する量ではありません。ご安心下さい。

Q:治療後は安静にしたほうが良いのでしょうか?
A:いつも通りに生活していただいて問題ありません。しっかりと動いたほうが、柔軟な関節を保つことができます。

診療案内

自由診療

メディア掲載

クリニックブログ