にしむら整形外科クリニック

お電話でのお問合せ
Tel.03-3200-3232

クリニック名

MENU

タイトル

Title

禁煙外来の一時休止のお知らせ

禁煙治療薬(チャンピックス:ファイザー社製)のメーカー供給停止に伴い、禁煙外来受付を当面の間、休止させていただきます。


ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

 

<< 2021年祝日移動 >>

東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、2021年の祝日移動が行われます。
当院の休診日も祝日移動に伴いますので、ご通院の際はご留意ください。

8月 9日(月) 祝日(振替休日)の為休診
8月11日(水) 通常通り診察


詳細は下記首相官邸ホームページをご確認ください。
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/tokyo2020/shukujitsu.html

よろしくお願いいたします。

 

<< 開院3周年のご挨拶 >>

本日4月2日、無事に開院3周年の日を迎えることが出来ました。
これもひとえに、ご来院いただきました多くの皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。

今後もかかりつけ医としての姿勢を大切にスタッフ一同、地域に貢献できるよう努力を重ねていく所存でございます。
引き続き変わらぬお引き立てを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

にしむら整形外科クリニック 院長

最新治療データで探す 名医のいる病院 2021(2020年12月10日 発売)

「最新治療データで探す 名医のいる病院 2021(2020年12月10日 発売)」の

「地域の健康を守る頼れるかかりつけ医特集」で、当院が紹介されました。

超音波骨折治療器を導入しました

超音波骨折治療器はLIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮するとされています。

<< 新鮮骨折例 >>
 
一般の新鮮骨折では、整復・固定といった適切な初期治療を行うことにより、骨が自然に修復され骨癒合を得ることができます。
しかし、早期社会復帰や早期スポーツ復帰といったより早い骨癒合を希望される場合に超音波治療が有効で、これまでにも高い治療効果が認められています。

超音波骨折治療器は、川口能浩選手(サッカー)、松井秀喜選手(野球)、デイビット・ベッカム選手(サッカー)などのトップアスリートたちが使用したことで一般にもよく知られるようになりました。
他にも多くのアスリートたちが、骨折の積極的治療として超音波骨折治療器をいち早く取り入れることにより、早期スポーツ復帰を果たしています。

<< 難治化要因のある骨折例 >>
 
一般的に、折れた骨と骨のずれによる隙間(ギャップ)が大きいものや、周辺の軟部組織が損傷し、骨折部の血行が悪いといった局所の状態が不良なもの、感染、糖尿病などの合併症を伴うもの、高齢、喫煙などの全身性の要因があるものなどは、治癒期間が長くなる傾向があります。
そのような難治化要因のある骨折に対しても有効です。

骨折の早期回復を希望される方は、スタッフにご相談ください。

鍼灸はじめました

鍼灸治療は身体の深部に直接アプローチでき、即効性のある治療法です。
何より慢性的な痛みに対して治療効果が高いことから注目を集めています。
多様な治療で痛みを改善し、皆様の快適な生活のお手伝いを致します。
お気軽にご相談ください。

★鍼灸師多数在籍★

※予約制となります(電話予約は承っておりません。直接ご来院ください。)
※保険診療外(自費診療)になります。

 

週刊新潮 8月13・20日夏季特大号 (2020年8月6日 発売)

「週刊新潮 8月13・20日夏季特大号 (2020年8月6日 発売)」 の

「新時代の医療2020 「痛み」に関わる信頼の「かかりつけ医」」 特集で、当院が紹介されました。

クリニック拡張のお知らせ

厚生労働省より『新型コロナウイルス感染拡大の予防策』が公表されました。
当クリニックもその予防策に準じ、2階フロアを拡張いたしました。

待合室・物理療法室・理学療法室を皆様に、より快適に過ごしていただけるようになりました。

今後とも患者様の立場に立ったクリニック作りに努めて参りますので、宜しくお願いいたします。

2階フロア

1階フロア

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

新型コロナウイルス感染症に関する情報は日々更新されております。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

咳や発熱等の症状がある場合にはマスクを着用するなどし、専門医療機関へ連絡し速やかに受診してください。

①風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も含みます)

②強いだるさ(全身倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難感)がある方

※高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方で、上記①・②の状態が2日程度続く場合はご注意ください。

●新宿区の場合:新宿区保健所 「帰国者・接触者電話相談センター」
(電話番号) 03-5273-3836
(対応時間) 9:00~17:00(平日のみ)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html

●新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口
(電話番号) 03-5320-4509
(対応時間) 9:00~21:00(土、日、休日を含む)
(対応内容)感染の予防に関することや、心配な症状が出た時の対応など、新型コロナウイルス感染症に関する相談
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html

●厚生労働省が開設した電話相談窓口
(電話番号) 0120-565653 (フリーダイヤル)
(対応時間) 9:00~21:00 (土日・祝日も実施)
https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

新年あけましておめでとうございます。

本年もスタッフ一同、皆様にご満足いただけるよう心掛ける所存でございますので、

何卒ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年元旦

にしむら整形外科クリニック

院長 西村 暁
スタッフ一同

診療案内

自由診療

メディア掲載

クリニックブログ